仮想通貨一覧

ビットコインの基礎知識

原点に戻り、仮想通貨の代表選手、ビットコインの基礎知識を再点検しました。いろいろ問題がありますが、その問題を解決することによって、今後、ビッコインは、これからの時代の通貨としての役割を、しっかり担っていくと思います。

仮想通貨の問題点

仮想通貨にも、今ハッキングリスクや、マネーロンダリングの問題などが表面化してきています。各種の問題がこれから解決されていくかで、仮想通貨の今後普及、発展があるか決まってきます。

仮想通貨の今後はー2

仮想通貨を通貨を買う理由は、ビットコインの夢の再来を、他の仮想通貨でみています。まだ黎明期の仮想通貨の時価総額は、大企業の参加もあり、やがて上昇に転じていくと思います。10万円以下の購入者は、仮想通貨の価値と魅力を信じています。

仮想通貨の税金

仮想通貨取引で得た利益は、昨年12月の国税庁の指針で、給与所得に加算される雑所得になり、利益が多ければ、多額の税金を翌年支払うことになります。もし確定申告をしなければ、無申告加算税、延滞税が加わり、さらに大きな負担になります。

仮想通貨FX

仮想通貨にもFGX取引があると聞き驚きました。通常の法定通貨の役割にどんどん参加してきています。ただし仮想通貨は、価格変動が大きいので、レバレッジを使った場合、利・損失も大きいことをしっかり学んでいてください。

仮想通貨の今後は

仮想通貨市場は、昨年12月に最高の時価総額に達してからは、下落の傾向が続き、今後の見通しに不安を抱いている人が多いですが、2017年のような成長スピードはないでしょうが、仮想通貨市場全体では又上昇に転じてくると思われます。

仮想通貨の日本の取引所

仮想通貨の日本の取引所を、登録番号1~10までリストアップしました。金融庁認可済であっても、ビットフライヤーのように、ずさんな管理で「業務改善命令」を受け、新規受け付けができません。仮想通貨取引所は常に、ハッキングのターゲットになっていますので。しっかり自分の資産を守る手立てが必要です。

仮想通貨の激震

仮想通貨の激震が日本中を走っています。「億り人」という言葉も登場しています。確かに各仮想通貨が予想以上に高騰して、市場規模も60兆円に拡大してきました。ただまだ手を出すには、誠意あるプロ集団があるのか、よく調べる必要があると思います。

ビットコインの性質

ビットコインはよく金(ゴールド)に例えられて説明されます。ゴールドは、ある国が発行していて、その価値を決めているのではなく、世界中の人の愛され、通貨とは別に、有限の資源として、その価値を認め、又市場原理で、価格が決まっています。

仮想通貨のメリットとデメリット

仮想通貨のメリットとデメリットを解説しました。24時間、365日取引可能や、早くて安い送金、国・地域を選ばす使用できるメリットがある反面、投機的に使われていて価格の変動がまだ激しいこと、取引所が倒産した場合の補償がない事を熟知して、取り組んでください。